医師のご紹介|草津市の脳神経小児科・新生児内科|てんかん・発達障害など

トップページ»  医師のご紹介

医師のご紹介

ご挨拶

ご挨拶
 

 お父さん・お母さん楽しく子育てしてますか?近年、核家族化により子育ての悩みはつきないと思います。そんな不安に寄り添いながら診療ができたらと思い、南草津の地に”はしもと赤ちゃんキッズクリニック”を開業いたしました。
 私は、1986年に医師としてスタートしました。スタートは脳神経小児科医としてでした。脳神経小児科とは、てんかんや発達障害、代謝疾患などの中枢神経に関わる小児の病気を担当する科です。1989年からは千葉県の松戸市立病院新生児科で早産児や病的新生児の治療への関わりが始まりました。新生児医療の魅力にとりつかれ赤ちゃんの生命力やそれを見守るご両親をはじめとする家族のパワーを感じながら治療のみならず、その後のフォローアップにもがんばってきました。1998年からは現在の滋賀県総合周産期母子医療センターである大津赤十字病院へ勤務し、10年間にわたり滋賀県の新生児医療に携わりました。微力ではありましたが、滋賀県の周産期システムの確立には役立てたと自負しております。また、この間に”プチキッズ”(大津)や”ピチプチサークル”(草津)等の低出生体重児の会などにも参加し、小さな赤ちゃんを持つご家族の不安に寄り添ってきました。
 こういった経験を生かしながら、病気と闘うお子さんや赤ちゃんの治療はもちろんのことその子たちをはらはらしながら見守っているご家族の不安を少しでも解消できるようになれればと思っております。
 受診後に子ども・赤ちゃんとそのご家族が笑顔で帰れるクリニックを目指してスタッフ一同がんばって参りたいと思います。ちょっとした疑問や不安があれば遠慮なく何でもご相談ください。

【院長 橋本 和廣】

 

 

院長略歴

 【院長 医学博士 橋本 和廣】
昭和61年 3月 鳥取大学医学部医学科 卒業
昭和61年 6月 鳥取大学医学部附属病院 脳神経小児科 研修医
昭和62年 4月 松江赤十字病院 勤務
平成元年 4月 国保松戸市立病院 勤務
平成3年 4月 鳥取県立皆生小児療育センター 勤務
平成4年 4月 鳥取大学医学部附属病院 脳神経小児科 助手
平成5年 4月 国保松戸市立病院 医長
平成10年 4月 大津赤十字病院 小児科 勤務
平成12年 9月 大津赤十字病院 第2小児科部 副部長
平成14年 3月 論文提出により医学博士取得
平成17年 4月 大津赤十字病院 新生児科 部長
    大津赤十字病院 総合周産期母子医療センター 副センター長
平成20年 10月 はしもと赤ちゃんキッズクリニック 開院


 

専門とする疾患など

1.小児科全般(風邪/小児特有のアレルギー疾患や呼吸器疾患)
2.新生児・早産児・低出生体重児のフォローアップ
3.乳幼児検診・発達相談
4.てんかん・発達障害などの小児の神経疾患
5.予防接種  
  *インフルエンザ等全般

 

 

所属学会・認定医

日本小児科学会小児科専門医
日本小児神経学会小児神経専門医
日本周産期・新生児医学会
日本未熟児新生児学会
日本小児科保健学会
日本小児アレルギー学会
赤ちゃん成育ネットワーク世話人(地域生活支援部会委員長)
滋賀県小児科医会理事

 

 

スタッフ紹介

スタッフ一同いつでも笑顔を絶やさずに、皆さんのご来院をお待ちしております。
ご不明な点がありましたら、遠慮なくお問い合わせ下さい。