よくある質問|草津市の小児科|水いぼについてなど

トップページ»  よくある質問

よくある質問

赤ちゃんの鼻づまりや喉がごろごろいっていますが、風邪でしょうか?

赤ちゃんは口が小さく舌が大きいので、気道(口や鼻など空気が通る道)が狭くなりやすく、鼻が詰まったりすると哺乳がしにくくなることがあります。また、赤ちゃんはおっぱいを吸うのと飲み込む動作との間に協調がなく、チュッチュッと吸ったおっぱいを一旦喉の奥にため込んでから飲み込んでいきます。そのため鼻の奥で少し固まりになったり、喉が哺乳後しばらくゴロゴロいいます。哺乳後しばらくして消失してしまえば問題ありません。鼻が詰まったようになってもしっかり哺乳できていれば心配ありませんが、眠れなかったり、哺乳量が減るようならこよりで鼻の穴をくすぐってくしゃみさせるか、鼻を吸ってあげて下さい。咳などの症状が強く出るようなら風邪かもしれないので早めに受診しましょう。

 

 

赤ちゃんの皮膚がカサカサしてくるのですがアトピー(性皮膚炎)とかでしょうか?

赤ちゃんの皮膚は出生するまでは、羊水に包まれて潤った環境にいます。しかし、出生すると乾燥しやすく、乾燥が原因で湿疹などをつくることがあります。これだけでアトピー性皮膚炎とはいえませんが、乾燥肌を放置すると湿疹のできやすい状態になります。こうなってから治療しても治りがよくないこともあるので早期から赤ちゃんの肌を乾燥から守ってあげる必要があります。お部屋の加湿をしたり、保湿剤やベビーローションでお風呂上がりにはしっかり皮膚の保湿をしてあげましょう。

 

 

水いぼ(伝染性軟属腫)について教えて下さい。

水いぼは丸くて光った小さなイボでつぶすと白いかたまりが出てきます。この白いかたまりの中にウイルスがいて皮膚につくとうつります。ウイルス自体は弱いため免疫反応が起きにくく治るのに時間がかかります。何もせずに様子をみていれば半年から1年くらいで消えていきます。水いぼに接触しなければうつりません。プールの水ではうつりません!!!
<治療>
1)自然治癒を待つ。→ これがベストです。
2)ヨクイニンを内服する。→ 2~3ヶ月服用が必要です。当クリニックで処方します。ヨクイニンははと麦茶に含まれています。
3)ピンセットで摘んでとる。
麻酔テープを使用して麻酔しますが、取るときは痛く、拷問のようになります。取り切れないことや再発します。子どもさんには何の得にもなりません。
4)硝酸銀で灼く→ あとが黒くなる。
5)スピール膏で灼く